本文へスキップ

                  

図書・学術情報部門Library


 本部門では、学修・教育研究を支援するため、その発展に資する多様な学術情報資料(図書及び雑誌、電子ジャーナル、文献データベース、貴重資料等)を広く体系的に収集、整理、保存し、適切で良好な管理を行っています。利用者がそれらの膨大で多様な学術情報資料を適切かつ有効に活用できるよう、利便性を考慮したサービス・施設提供に取り組んでいます。

図書館運営


 図書館は、大学の学術情報基盤として、南大沢(本館)・日野(日野館)・荒川(荒川館)等の各キャンパスに設置しています。図書館の利用者である学生、教職員、卒業生、オープンユニバーシティ会員、一般都民等に、レファレンスサービスや情報リテラシー教育(オリエンテーション・講習会・出張セミナー)等各種サービスを実施しています。また、国内外の大学図書館等他機関と連携して、学術情報の相互利用を行ない、教育研究活動の進展に寄与することを目指しています。

ラーニング・コモンズ


 コモンズ=共有の場で集い、議論し、共に学ぶ場所を提供することで、学生の自主的な「ラーニング(学修)」をサポートすることを目的としています。図書館本館に設置するラーニング・コモンズは、PC環境・グループ学修環境を充実させ、様々な学修相談に応じる大学院生のスタディ・アシスタントが常駐する等、多様な学修スタイルに対応しています。

機関リポジトリ


 本学において作成された学術研究成果を収集し、電子的形態での登録と恒久的保存を進め、学内外へ無償で発信・公開するシステム、首都大学東京機関リポジトリ「みやこ鳥 MIYAKO-DORI」の運営をしています。学内の研究成果情報、学術情報等の電子化を推進し、社会に広く発信・公開しています。